JLAについて
2015年 個人会員登録のご案内
個人年会費の納入(団体で一括も可能)
  • 期限:2015年3月24日(火)※これ以降も随時可能です。
  • 個人会員用」の専用払込用紙をご利用ください。郵便局窓口にもあります。
  • 個人での会費納入の他に、団体(地域クラブや学校クラブ)で一括して個人会費をご納入いただくこともできます。
    その際には必ず、団体としてまとめた個人会員内訳表(書式4)をホームページからダウンロードして事務局まで郵送してください。
    また、「団体会員用」の専用払込用紙をご利用ください。
  • 上記の納入期限の設定は、4月1日からの賠償責任保険更新加入手続きのために設定しています。個人会員継続の方で納入期限内に収めていただければ保険が途切れることなく更新できます。なお、その後も年間を通じて随時納入はできますが、各種講習会への参加や大会等への出場を予定されている方は、可能な限り3月中の納入へのご協力をお願いいたします。ご入金をもって更新手続き完了とさせていただきます。
  • 郵便局以外の金融機関から振込される方は下記の口座にお振込みください。
     
    • ゆうちょ銀行  019支店  当座:0161328
    • 口座名:特定非営利活動法人日本ライフセービング協会
    • ご入金の際、通信メモ欄に「会員番号」と「年度・個人会員種別」を必ずご記入ください。
    • 例) 会員番号00000000、 2015年度・個人準一般会員
    • 振込手数料はご負担ください。 
       
  • お振込みの際にお手元に残る「受領証」は大切に保管して下さい。
    講習会申込みや大会エントリーの確認の際、必要になる場合がございます。
     
  • 自動払込について
    会費納入の自動払込(振込手数料無料)を受付けています。新規ご希望の方は、同封の「自動払込利用申込書(書式5)」を事務局まで郵送して下さい。2月18日に申込締切、3月25日に引き落としとなり、4月1日からの賠償責任保険加入となります。
    すでに自動払込をご利用の方は申込書の提出は不要で、3月25日に引き落としとなり、4月1日からの賠償責任保険加入となります。
    残高不足で引き落としができない場合、保険加入が遅れ、一時、補償ができなくなる期間が生じてしまいますのでご注意ください。
 
新会員制度での「賛助会費」について
  • 「賛助会員」は会員登録と資格保持の連動や特典がなく年会費が寄付となる会員種別のことです。任意ではございますが、寄付にご協力いただければ幸いです。
  • 同封の「個人賛助会員用」の専用払込用紙をご利用ください。

 1. 年会費(個人会員

個人 会員種別 個人 年会費
正会員 60,000円
一般会員 10,000円
一般会員(高校生割引) 1,500円
準一般会員※1 3,000円
賛助会員※2 3,000円
 
※1 準一般会員は会員登録と資格保持(ベーシックやアドバンス等)が連動している方の受け皿として設けています(平成26年度より)。
※2 賛助会員は年会費が寄付となる会員種別でどなたでもご寄付いただけます(平成26年度より)。
※ 年会費は、登録の年度内(4月1日より翌年3月31日まで)を有効とします。
※ 年会費は、年度途中の登録でも、月割り等の割引はしないこととします。
※ 年会費は、年度途中の退会でも、一切の返金は行わないこととします。
※ 年度内に、会員種別を変更する場合、変更する会員種別に応じた年会費を全額納入することとします。

 2. 会員付帯賠償保険

個人会員に登録されますと、下記の個人賠償責任保険が自動的に付帯されます。活動中に他人の身体及び財物に損害を与える事故が発生した際は、事務局までご連絡ください。なお、活動の範囲は、個人の練習、パトロール、講習会、競技会、ライフセービングの指導等のことを言います。

  1. 保険種類:賠償責任保険(非会員の身体及び財物に損害を与えた場合の保証)
  2. 補償範囲:会員個人のライフセービング中の事故で、法律上の賠償責任を負った場合に補償します(JLA管理下外も適用)。活動の範囲は、個人の練習、パトロール、 講習会、競技会、ライフセービングの指導等のことを言います。なお、会員同士の事故には、法律上の賠償責任が発生しない為、保険の対象とはなりません。
  3. 補償金額:1億円(対人、対物) 免責金額5千円(事故一回につき、自己負担金額)
  4. 補償期間:1年間(4月1日より翌年の3月31日まで)
    ※注1:会費納入が完了した方より、下記のタイミングで保険に加入致します。
     
    入金日 保険加入日 補償期間
    当月10日〜25日に入金 翌月 1日より加入 保険加入日より年度末まで
    当月26日〜翌月9日までに入金 翌月15日より加入 保険加入日より年度末まで

    ※注2:土曜日、日曜日、祝日は翌日の手続きとなりますのでご注意下さい。
    ※注3:年度途中での入会者は、入会年度末3月31日までが保険の補償期間です。
    ※注4:会員登録更新時は、当年度3月25日までに更新手続きを完了いただかないと保険加入が遅れ、
        一部補償ができなくなる期間が生じるので予めご注意下さい。
     
  5. 加入対象:個人会員登録者(正会員、一般会員(高校生含む)、準一般会員)
  6. 保険会社:三井住友海上火災保険

 3. JLA ACADEMY資格制度と会員制度

  • 「ウォーターセーフティー」「BLS(CPR+AED)」2つの資格については、会員登録との連動はありませんので、会員登録手続き(年会費振込)は任意となり、会員登録手続き(年会費振込)がなくても有効期限内の資格は有効となります。
  • 「ウォーターセーフティー」「BLS(CPR+AED)」2つの資格以外については、会員登録との連動があり、資格有効期限内の会員登録手続き(年会費振込)が必須となります。「個人正会員」、「個人一般会員(高校生含む)」「個人準一般会員」のいずれかの会員登録手続き(年会費振込)をすることで資格は有効となります。

 4. 審判員資格をお持ちの方(審判員資格制度と会員制度)

まずはお手持ちの審判員資格カードの有効期限をお確かめ下さい。以下に制度をまとめました。詳細は、ホームページ「委員会」→「競技運営・審判委員会」に掲載の「認定審判員規定」「認定審判員規定細則」等でご確認ください。

  • 審判員資格の有効期限
     
    • 「認定された年度と認定された年度を除く2年」です。
      (例)2014年度中に合格して認定を受けた場合=2017年3月31日まで
    • すでに「更新できる条件」を満たしている方は2年間です。
      (例)2015年3月31日で任期が終了する方で下記の「更新できる条件」を満たしている方=2015年4月1日から2017年3月31日までの2年間となります。
       
  • 資格を「保持できる条件」は、
     
    • 有効期限内、個人正会員、個人一般会員(高校生含む)のいずれかであること。
      上記手続きがない場合(会費未納入)、資格は「失効」となり過去の参加履歴が残りません。
       
  • 資格を「継続できる条件」は、有効期限内に次のことをすべて満たさなければなりません。
     
    • 有効期限内に「1回」は「審判員継続研修会」に参加すること。なお、研修会に参加できなかった場合、レポート課題を提出することで研修会への参加とみなされます。
    • 有効期限内に「1回」は「公式・公認の競技会」に審判員として参加すること。
    • ご自身が「継続できる条件」を満たしているかわからない方は、ホームページ「委員会/競技運営・審判委員会」に掲載の「審判員参加履歴」を参照してください。 
       
  • 有効期限を「更新できる(延ばせる)条件」は、次のことをすべて満たしていなければなりません。下記ご案内は「有効期限が2015年3月31日まで」の審判員の方が対象となります。 
     
    • 有効期限内に上記の「保持できる条件」と「継続できる条件」をすべて満たしていること。
    • 有効期限となる年度末、次の2年間の任期に向けた資格登録料(1,000円)を支払うこと。年会費とあわせてのお振込みが可能です(同封の振込用紙)。
    • なお、更新に該当しない方が「資格登録料(1,000円)」をお振込みされる方がいらっしゃいますがあいにくご返金いたしかねますのでくれぐれもお間違いのないようご確認ください。
       
  • 資格の更新にともなう審判員カードの発行について。
     
    • 上記の「更新できる(延ばせる)条件」をすべて満たし、諸手続きが完了した方には審判員カードを発行いたします。
      S級;プラスティックカード(顔写真付き)。顔写真1枚を事務局に提出。
      A・B・C級;簡易カード(顔写真なし)。顔写真の提出は必要ありません。
       
  • 資格の「昇格」については「認定審判員規定細則」でご確認ください。
     
  • 資格の「失効」と「復権」については「認定審判員規定細則」でご確認ください。

 5. 個人情報の取扱い

皆様の会員登録に関する個人情報は、当協会における会員管理業務および連絡業務に使用し、その他の目的での使用は一切行いません。予めご了承下さいますようお願い申し上げます。

 6. 会員種別と要件・特典

【個人会員】会員種別と要件、特典  正会員 一般会員 準一般会員 賛助会員
  高校生割引
 年会費 60,000 10,000 1,500 3,000 3,000
 会員証の発行(初回のみ)
 賠償責任保険付帯 ×
 講習会受講料の割引 ×
 会報誌「RESCUE」 ×
 機関誌「ライフセービングマガジン」 購入 購入 購入
 パトロールユニフォーム上 配布 購入 購入 ×
 パトロールユニフォーム下 配布 購入 購入 購入 ×
 パトロール水着 配布 割引購入 購入 購入 購入 ×
 パトロールキャップ 配布 購入 購入 購入 ×
 総会での議決権 × × × ×
 インストラクター資格の保持 × × ×
 ベーシック/プールライフガーディング
 以上の資格の保持
×
 審判員資格の保持 × ×
 公式競技会参加 × ×

※財務状況や協賛等によりパトロール関連アイテム等の特典内容が変更となる場合がございます。
※パトロール関連アイテムは所属クラブを通じてお申込みいただきます。別途クラブにご案内予定。

 補足 事務手続きでよくあるご質問

質問 会員番号と資格番号を教えてほしいのですが?

回答

年間を通じて事務局に最も多いお問合せです。個人情報なのでご本人確認の上、必要に応じてお伝えすることはできるのですが、カードや番号を常に携行いただき、ご本人による番号の管理徹底をお願い申し上げます。特に、競技会前にお問い合わせが集中します。皆様のご協力をお願い申し上げます。

質問 会員カードは、毎年、年会費を納めればその都度、発行してもらえるのですか?

回答

会員カードは、初めて会員になっていただいたときのみ発行します。会員カードには、個人を特定する会員番号が記されています。各種事業に参加するときに必要な番号ですので大切に保管して下さい。
質問 変更届など各種書類を入手するにはどうすればいいですか?

回答

各種手続きの書式については、ホームページにアップしていますのでダウンロードしてご利用ください。そこには入会届や変更届、カード再発行のことなど各種ご案内しています。
質問 個人一般会員の手続きは完了していますが、郵送物や会報誌が届かないのですが?

回答

住所変更など個人情報にかかわる変更があった場合、「変更届(書式1)」を必ず事務局まで提出して下さい。また、特にアパート等にお住まいの方は、配送業者によってはポスト等に部屋番号とお名前が明記されていなかったりすると、投函せずに持ち帰ってしまう場合があります。
質問 会員カード(または資格カード)を紛失してしまったのですが。

回答

ホームページにアップしてある「再発行申請用紙」の提出が必要です。手順は、郵便振替にて再発行手数料(1枚2000円)をお支払い下さい。その際、通信欄には「カード再発行手数料」とご記入ください。あわせて「再発行申請用紙(紛失用)」を事務局までご提出ください。カード再発行には約1ヶ月を要します。振込先や申請用紙など再発行手続きの詳細は、ホームページをご覧ください。
質問 年会費やカード再発行手数料等の振込先を教えてください。

回答

下記がお振込先となります。お振込みの用途に応じて通信欄に必要事項をご記入ください。詳しくはホームページ「JLAについて」のページに手続方法をアップしていますのでご確認ください。
【郵便振替】00100−3−161328
【口座名義】特定非営利活動法人日本ライフセービング協会
質問 会員カード(または資格カード)に印字されている名前が間違っているのですが。

回答

再発行の手続きが必要です。費用はかかりません。「再発行申請用紙(修正用)」に印字が間違っているカードを貼付し必要事項をご記入の上、事務局までご提出ください。カード再発行には約1ヶ月を要します。
質問 現在、個人一般会員です。年度の途中ですが、個人正会員に変更するにはどうしたらいいですか?

回答

次の2つの手続きが必要です。
@個人一般会員から個人正会員への「変更届(書式1)」を提出してください。
A個人正会員の年会費は60000円です。郵便振替にて、通信欄には「年度・会員種類・所属クラブ」をご記入のうえ会費をお振込みください。 
以上の手続きで変更完了です。なお、会員カードはお手元のものをそのままご利用ください。個人一般会員から個人正会員に変更しても会員番号の変更はありません。

質問 現在、個人一般会員で、ベーシック資格を所有しています。資格を保持するためには年会費を支払って会員登録し続けなければならないのですか?

回答

「ウォーターセーフティー」「BLS(AED+CPR)」の2つの資格以外については、資格保持と会員登録とが連動しているため、会員登録手続き(年会費振込)が必須となります。「個人正会員(60000円)」、「個人一般会員(10000円)」、「個人一般会員高校生(1500円)」、「個人準一般会員(3000円)」のいずれかの会員登録手続き(年会費振込)で資格は有効となります。なお、有効期限の更新は、有効期限内に更新講習会を受講して下さい。また、「ウォーターセーフティー」「BLS(AED+CPR)」の2つの資格に限り、会員登録と資格保持の連動はありませんので、会員登録手続き(年会費振込)がなくても有効期限内の資格は有効となります。なお、有効期限の更新は有効期限内に更新講習会を受講して下さい。

質問 個人一般会員の学生です。練習中、海で一般の方(非会員)とレスキューボードが接触し、相手の方にケガを負わせ通院治療が必要となりました。会員付帯賠償保険は適用されるのでしょうか?

回答

適用されます。その前提として、個人会員登録(年会費振込)はすでにお済みでしょうか。事故時に会員であることにより適用されます。また、ライフセービング中とは「個人の練習、パトロール、講習会、競技会、ライフセービングの指導などの範囲」をいいます。事故発生の際には、ケガの適切な処置とともに、事務局までご一報ください。保険会社を通じて対応についてご相談に応じます。

質問 個人一般会員の社会人です。クラブでの練習中、砂浜でガラスを踏んで足の裏をケガしてしまいました。会員付帯賠償保険は適用されるのでしょうか?

回答

この場合は、ご自身のケガなので会員付帯賠償保険は適用されません。クラブ等であらかじめスポーツ団体保険等に加入しておく等、ご自身のケガへの傷害保険対応をお願いします。

上記以外に何かわからないことがございましたら、事務局までお問い合わせください。

以上
 
 
「個人新規入会届」のダウンロード 個人新規入会届(書式1)」をダウンロード
     
「個人新規入会届」の送付   「個人新規入会届」に必要事項を記入の上、郵送もしくはFAXにてお申し込み下さい。
     
入会確認   お申し込みを受付けた後、当協会の会員登録要件に従って、登録の確認を致します。
     
会費のお振込み   下記振込口座へお振込をお願いいたします。ご入金の確認をもって正式にご入会とさせていただきます。
    ※クラブでまとめて、個人会費を納入される場合は、当協会ホームページより「個人会費内訳表(書式4)」をダウンロードしていただき、必要事項を記入の上、郵送にて当協会まで、ご送付ください。
会員カードの発行   ご入会のご確認ができましたら、会員カードを発行させていただきます。また、会員カードは初年度のみの発行となり、発行されました番号が活動する上での会員番号となりますので、大切に保管してください。
※発行までには、約1ヶ月〜2ヶ月程かかりますので、ご了承ください
 
プリント用
 ※『個人用入会申込書』のPDFファイルをご用意しています。
  プリンターをお持ちの方は、PDFファイルをご利用ください。
 ※プリンターをお持ちでない方は、こちらより申込書を御請求ください。
   個人用・入会申込書(書式1)
   個人会費内訳表(書式4)
団体会員・入会までの流れ
 
日本ライフセービング協会へ
お電話お願いします
(03−3459−1445)
 
     
「団体新規入会届」
「団体会員登録名簿」
  のダウンロード
※地域クラブと学校クラブでは
用紙が異なります
■地域クラブは、 「団体入会届 地域クラブ用(書式8)」と「団体会員登録名簿(書式3)」を、 ダウンロードしていただきます。
■学校クラブは、 「団体入会届 学校クラブ用(書式9)」と「団体会員登録名簿(書式3)」を、 ダウンロードしていただきます。
     
「団体新規入会届」
「団体会員登録名簿」
「設立趣意書」
「規約」※該当団体のみ
の送付
  「団体新規入会届」に必要事項を記入の上、「団体会員登録名簿」 「設立趣意書」、該当団体についてはクラブの「規約」を添え 郵送にて当協会まで、ご送付ください。
     
入会確認   お申し込みを受付けた後、理事会の審査を行います。 理事会の承認後、届出の事務局担当者に団体年会費の払込取扱票を送付いたします。
  3-1 団体会員は、10人以上のJLA個人会員での構成とする。
3-2 団体のクラブ名称は、市町村名・海岸名・学校法人名、その他理事会が認めた名称とする。
※ 都道府県の名称と市町村の名称が同じ場合は、該当する地域クラブとの調整を図らなければならない。
※ 政治、宗教、営利を目的とするクラブ名称やライフセービング活動に相応しくない名称は認められない。
会費のお振込み   払込取扱票が届きましたら、会費をお振込み下さい。
     
団体会員入会 完了   お振込みの確認後、「団体登録証」を発行し、正式にご入会とさせていただきます。
     
当協会からのお便り   当協会よりご入会のご確認ができましたら、その後の日本ライフセービング協会からのお便りは、 届出にご記入いただきました、受取方法により事務担当者へ随時、お知らせさせていただきます。
 
プリント用
 ※『団体用入会申込書』のPDFファイルをご用意しています。
  プリンターをお持ちの方は、PDFファイルをご利用ください。
 ※プリンターをお持ちでない方は、こちらより申込書を御請求ください。
   団体入会届(書式8) 地域クラブ用
   団体入会届(書式9) 学校クラブ用
 
   団体会員登録名簿(書式3)
変更の手続きの流れ(団体・個人)
次の項目に該当する団体・個人会員情報の変更が生じた場合は、 その都度、下記の手続きの流れに沿って、変更を行なってください。
  • 会員種別の変更
  • 名前、クラブ名及び代表者の変更
  • 自宅連絡先、事務担当連絡先等の変更
  • 所属団体の変更
  • 緊急連絡先又は、帰省先の変更
 
「変更届」のダウンロード 個人の「変更届(書式1)」又は、団体の「地域クラブ用・変更届(書式6)」「学校クラブ用・変更届(書式7)」を、ダウンロードしていただきます。
※団体会員は、地域クラブと学校クラブでは書式が異なりますので、ご注意ください
     
「変更届」の送付   「変更届」に必要事項を記入の上、郵送にて当協会まで、ご送付ください。
     
変更確認&完了   「変更届」を受付けた後、既にご登録いただいている個人又は、団体情報への変更を確認後完了となります。
 
変更届
 ※『個人用、団体用入会申込書』のPDFファイルをご用意しています。
  プリンターをお持ちの方は、PDFファイルをご利用ください。
 ※プリンターをお持ちでない方は、こちらより申込書を御請求ください。
   個人用・変更届(書式1)
 
   団体用・変更届(書式6) 地域クラブ用
   団体用・変更届(書式7) 学校クラブ用
前年度会費ご納入いただいた団体会員又は、個人会員の方には、当協会からの「会費納入のお知らせ」が届き、払込取扱票を同封しております。更新される場合は、払込取扱票又は、口座からのお振込み、自動引き落としによる会費ご納入をお願いいたします。
 団体会員
団体会費のお振込をもって、「更新」の完了となります。
  ※領収証が必要な方は、事務局までご連絡お願いします。
 
 個人会員
個人会費のお振込をもって、「更新」の完了となります。
  ※会員カードについては、初年度(新規)のみの発行となりますので、ご了承ください。
※領収証が必要な方は、事務局までご連絡お願いします。
※クラブでまとめて、個人会員費を納入される場合は、当協会ホームページより 「個人会費内訳表(書式4)」をダウンロードしていただき、必要事項を記入の上、郵送にて当協会まで、ご送付ください。
 
   個人会費内訳表(書式4)
お振込先について
 
 【郵便振替】  00100−3−161328
 【口座名義】  特定非営利活動法人 日本ライフセービング協会
PDF個人会費記入例 PDF団体会費記入例 PDF賛助会費記入例
   
   ※郵便局の「支払取扱票」をご活用いただき、空欄に、年度、会員の種類、所属団体を必ず記入してください。
 郵便口座自動引き落としご希望の方は…
  所定の「自動払込利用申込書(書式5)」に必要事項をご記入の上、必ず書留貴重品扱い郵便で、JLA事務局まで郵送して下さい。到着次第、手続きを行います。
 
    【個人用】 自動振込利用申込書(書式5)
    【団体用】 自動振込利用申込書(書式5)
団体会員又は、個人会員を退会される場合は、退会届に必要事項を記入の上、日本ライフセービング協会まで、ご郵送お願い致します。なお、再度会員登録される場合は、入会手続きに沿って新規登録をお願い致します。
 
 団体・退会届(PDFデータ)
 個人・退会届(PDFデータ)
会員カードの再発行の手続き
紛失した方はこちら
  1. 下記郵便口座に、再発行手数料をお振込みください(資格証2,000円、会員証2,000円)。
     【郵便振替】  00100−3−161328
     【口座名義】  特定非営利活動法人 日本ライフセービング協会
    ※ 備考欄もしくは、空欄に、「資格証(会員証)再発行代」と必ず明記して下さい。
    ※ 入金後にお手元に残る『振込受領証』を申請書と併せてご提出していただきますので、紛失にはご注意下さい。

  2. 資格証・会員証再発行申請用紙(紛失用)に必要事項を記入してください。
  3. 『申請用紙』『振込受領証』の準備が整いましたら、事務局までご郵送下さい。
    ※カードがお手元に届くまで、約1ヶ月〜2ヶ月程かかりますのでご了承下さい。
    資格証・会員証再発行申請用紙(紛失用)
氏名等の修正はこちら(印字に誤りがあった方)
  1. 資格証・会員証再発行申請用紙(修正用)に必要事項を記入してください。
  2. 『申請用紙』(該当カード貼付済みのもの)の準備が整いましたら、事務局までご郵送下さい。
    ※カードがお手元に届くまで、約1ヶ月〜2ヶ月程かかりますのでご了承下さい。
    資格証・会員証再発行申請用紙(修正用)
 
 
PDFとは?
  「PDF」とは米アドビシステムズ社が規定したデータ形式(フォーマット)の名前です。このPDF書類を閲覧、印刷するためのビューアがAdobe社のAcrobat Readerというソフトが必要です。これは無償で配付されており、どなたでも手に入れることができます。アドビシステムズ社のサイトからダウンロードすることもできますし、雑誌の付録のCD-ROMなどで入手することもできます。
 ※アドビシステム社:米国を本拠とするPC用ソフトメーカー。