オーシャンサーフチャレンジin白浜 2006
 
 ■趣 旨
 本大会は、日本ライフセービング協会が後援するライフセービング競技会として位置付けられ、海水浴場シーズン前に開催される競技会です。
水辺での事故から人命を守るために日頃トレーニングによって鍛え上げられた強靭な体力、救助技術の向上を図り、ライフセービングの地域振興や安全思想の普及啓蒙を全国へ発信していくことを目的として開催されます。
また、ライフセーバー同志や地元の白浜町の方々とのフレンドシップを高める大会でもあり、24日は「白浜ウェルカムパーティー」、25日は「ジュニアライフセービング教室」「白浜オープンビーチフラッグス大会」「マスターズ部門」も同時に開催予定で、全国のライフセーバー達が一同に会し交流を深めます。
 なお、24日には、「CPR講習会」「認定審判員継続研修会」「ベーシック・アドバンス・ウォーター更新講習会」「C級審判講習会」を開催いたします。こちらの各種講習会へのご参加もあわせてお待ちしております。
 ■概 要
名  称: オーシャンサーフチャレンジ in 白浜 2006
英文名称:

Ocean Surf Challenge in Shirahama 2006

日  程: 平成18年6月24日(土)・25日(日)
場  所: 白良浜海岸(和歌山県白浜町)
主  催:

オーシャンサーフチャレンジ in 白浜 2005 実行委員会

後  援: 和歌山県(予定)、白浜町、特定非営利活動法人日本ライフセービング協会
協  力:

白浜観光協会、白浜温泉旅館協同組合、白浜町商工会、田辺海上保安部(予定)、
大阪ライフセービングクラブ、大阪体育大学ライフセービングクラブ、
神戸ライフセービングクラブ、愛知ライフセービングクラブ、岡山ライフセービングクラブ

競技種目:

[個人種目] 
  サーフレース(男・女・マスターズ)
  ボードレース(男・女・マスターズ)
  サーフスキーレース(男・女・マスターズ)
  ビーチフラッグス(男・女・マスターズ)

[団体種目]※参加チームから1チームまで
  レスキューチューブレスキュー(4名1チーム)
  ボードリレー(3名1チーム)
[エキシビジョン競技]
  アイアンマン
  アイアンウーマン
[オープン競技]
  白浜オープンビーチフラッグス
  (ジュニア:男・女、一般:男・女)

表  彰:

各競技1位から3位の選手にはメダルを授与します。

参 加 費:

選手1名につき2,000円とします。

代表者会議:

競技上の注意事項について説明をする代表者会議を6月24日(土)午後5時より開催いたします。開催場所につきましてはおってご連絡させていただきます。

C級審判講習会:

C級認定審判員養成講習会を6月24日(土)10時より4時(予定)まで開講いたします(場所は現在白浜町内調整中)。審判資格をお持ちでない方は受講をおすすめします。詳細は別紙「C級審判員養成講習会」要項をご覧下さい。

タイムテーブル:
■6/24(土)
10:00   C級審判講習会、CPR講習会
13:00   認定審判員継続研修会
 ベーシック・アドバンス・ウォーター更新講習会
17:00   大会参加チーム代表者会議(チーム代表者のみ対象)
18:30   白浜ウェルカムパーティー(白浜町主催)
  場 所:白浜町内 調整中
  ※出場選手はどなたでもご参加いただけます
 
■6/25(日)
08:00   ビーチフラッグス(男女予選)
 ビーチフラッグス・マスターズ(決勝)
 サーフレース(男女予選)
 サーフレース・マスターズ(決勝)
 ボードレース(男女予選)
 ボードレース・マスターズ(決勝)
 サーフスキーレース・マスターズ(決勝)
10:30   開会式
11:00   アイアンマン/アイアンウーマン(エキシビジョン)
11:30   ビーチフラッグス(決勝)
12:30   白浜オープンビーチフラッグス
13:30   レスキューチューブレスキュー(決勝)
13:50   サーフスキーレース(決勝)
14:10   ボードリレー(決勝)
14:30   ランスイムラン(決勝)
14:50   ボードレース(決勝)
15:00   閉会式
15:30   大会終了・後片付け
 

(以上、予定)

宿  泊:

宿泊の問い合わせは、下記の組合等がご紹介いたします。
○白浜温泉旅館協同組合   TEL:0739−42−2215
○白浜温泉公認民宿組合   TEL:0739−43−3559
○白浜宿泊ネットサービス  TEL:0739−43−1357
○しらすな会        TEL:0739−43−1662

大会参加申込方法:
  • 参加選手募集要項の全ての書類を良く読み、参加規定を承諾した上でお申し込みください。
  • 申込用紙「A:クラブ情報」「B:選手リスト」「C:同意書」「D:キャップ登録申請書」ダウンロードできます。
  • 協会ホームページからデータをダウンロードして一旦PC上に保存してください。
  • ダウンロードはこちら
  • ダウンロードした「A:クラブ情報」「B:選手リスト」のデータ上に、必要事項を入力後、プリントアウトしてください。
  • ダウンロードした「C:同意書」はプリントアウト後に、参加者1名ずつ各自で必要事項を全て記入、捺印(拇印は不可)してください。なお、未成年の方は保護者の同意が必要となります。
  • 「D:キャップ登録申請書」は未登録および変更の場合のみ、参加申込締切日までに郵送にて申請してください。
  • プリントアウトした申込用紙「A:クラブ情報」「B:選手リスト」「C:同意書」および必要に応じて「D:キャップ登録申請書」を揃え、日本ライフセービング協会事務局まで郵送でお送りください(FAX不可)。なお、「D:キャップ登録申請書(未登録および変更の場合のみ)」については、その申込方法にそってお手続き願います。
  • 申込用紙「A:クラブ情報」「B:選手リスト」については、個人情報保護のため、フロッピーディスクに保存し、必ず簡易書類もしくは貴重品扱いの郵送でお送り下さい。その際、フロッピーディスクには「チーム名+オーシャンサーフチャレンジ申込」とラベルに貼って下さい。
     
     ※FDラベル・例 
      浜松町LC+オーシャンサーフチャレンジ申込
       
  • 参加費につきましては申込用紙「A:クラブ情報」による合計金額を申込締切日までに下記の口座へお振り込みください。恐れ入りますが振込手数料につきましては振込者側でご負担ください。
 郵便振替 00100−3−161328
 口座名義 特定非営利活動法人日本ライフセービング協会
 ※通信欄には「出場チーム名」を必ずご記入下さい。
  • 参加規定を満たしていない場合、書類の不備、参加費の未納等は参加を受け付けない場合がありますのでご注意ください。
  • 全ての提出書類は必ずコピーをとり、控えをお持ち下さい。
  • 申込用紙B(選手リスト)の個人情報は大会プログラム等に掲載される場合もございますので予めご了承下さい。
  • 参加申込および参加費振込みの締切りは6月16日(金)18時まで必着分とします。

    ※申込用紙は、下記よりダウンロードできます。
参加選手募集要項(ワードデータ72k)

申込用紙A・クラブ情報 (エクセルデータ36k)

申込用紙B・選手リスト(エクセルデータ36k)

申込用紙C・同意書(エクセルデータ24k)

申込用紙Dキャップ登録申請書(エクセルデータ24k)

お申し込み・お問い合わせ先
日本ライフセービング協会事務局
〒105-0013 東京都港区浜松町2-1-18 トップスビル1階
TEL:03-3459-1445 FAX:03-3459-1446
(お問い合わせ時間9:00〜18:00)

 ■オーシャンサーフチャレンジin白浜 2006参加規定
  1. 選手参加資格
    選手の参加資格は下記を満たしている者、もしくは実行委員会が特別に参加を認めた者でなければならない。
     A 大会初日当日満15歳以上であること。但し中学生を除く。
     B 参加チームとなるクラブの構成メンバーであること。
     C マスターズへの出場は当日満30歳以上であること。
     D 競技者は、本協会の個人正会員、若しくは個人一般会員として
       登録されていなければならない(申請中も含む)。

  2. チームの参加資格
    A チームは、本協会の団体正会員、若しくは団体一般会員として登録され、本協会に登録されている団体名で出場しなければならない。また、1団体からの出場は1チームとする。
    B チームは、同じクラブに所属する競技者により構成されていなければならない。
     
  3. チーム名
    活動を拠点とする、海岸名または地域名、団体名とする。

  4. 出場登録
    参加選手はあらかじめ所定の用紙を用い出場種目の登録をしなければならない。なお、登録後の出場種目の変更及び未登録の種目への出場はできない。

  5. チーム代表者
    各参加チームはチームを代表する者としてチーム代表者を1名おかなければならない。なお、チーム代表者と選手はこれを兼任することができる。

  6. チームユニフォーム及び競技中の衣類
    1. 各チームは、式典や表彰式および競技に適したユニフォーム、水着、キャップを持たなければならない。ラッシュガードは、主催団体から特別な指示がない限り競技中、任意に着用することができる。
    2. ユニフォーム、水着、キャップの性質、デザインが一般良識に反すると主催団体が判断した場合は、いかなる競技者も競技に参加することができない。
    3. キャップは、競技会の前に本協会に登録されていなければならない。
    4. キャップは、競技者の識別や判定のために重要であるため、スタート前に2本の紐をあごの下で結んで競技者の頭に着用しなければならない。スタート後に、キャップがとれたり、失った場合、違反なしに競技が終了できていれば失格とはならない。
    5. 大会主催者が指定する衣類(ラッシュゼッケン)を競技中に着用していただくことがある。

  7. 表彰
    各競技1〜3位にはメダルを授与する。

  8. 参加費
    1. 参加費は、選手1名につき2,000円とする。
    2. 参加費は、参加申し込みの締め切り日までに支払わなければならない。
    3. 参加申し込み締め切り後の出場登録の取り消し、天候その他の理由により、大会の日程変更や、やむを得ず中止になった場合でも参加費は返還されない。
    4. 参加選手が欠場したり、失格となった場合でも参加費は返還されない。

  9. 競技器材
    1. 競技に使用する器材は各参加選手が用意するものとする。
    2. 競技で使用する器材は「ライフセービング競技規則(2004年版)」の「第7章競技器材の規格」の基準を満たさなければならない。
    3. 主催団体は、競技者の競技器材の検査・再検査を競技前、競技中、競技終了後任意に行うことができる。競技器材が基準を満たしていない場合は、その競技者はその競技を使用できないか、または失格となる。
    4. 大会主催者が指定する表示物を競技器材等に貼用していただくことがある。
       
  10. 競技規則
    その他の競技規則は「ライフセービング競技規則(2006年版)」に基づいて行う。

  11. 代表者会議
    大会開催に先立ってチーム代表者会議を実施しますので、チーム代表者は必ず出席すること。なお、止むを得ずチーム代表者が出席できない場合は、参加選手よりキャプテンに準ずる方が出席すること。

  12. その他
    1. 大会中に大会主催者および大会主催者が認めた者が撮影した写真、映像をライフセービングの広報の目的で使用することがある。
    2. 大会中に大会主催者が撮影を制限したり、拒否したりすることがある。
    3. 大会主催者への提出書類の記載事項に虚偽が認められた場合、大会への参加や記録が取り消されることがある。